料理に適した水としては、軟水をあげる人が多いでしょう。 炊飯に使う水にも軟水を使うことで、ふっくらと良い炊き具合のご飯のですよ。 むしろ炊飯には硬水を使わないようにしてください。 硬水でご飯を炊くと、パサパサでポロポロとしたご飯になってしまいます。 パエリアなどの一部の料理に使うのでなければ、炊飯は軟水(軟水器を使うとより高度の低い軟水を作ることができます)で行うべきです。 一般的に、日本人は和風の食事が多いかもしれませんが、かつおだしや昆布だしを取る時なども、硬水を使うと大切なうま味成分がアクになってしまうそうです。 つまり、軟水(軟水器を使うとより高度の低い軟水を作ることができます)と硬水では、料理の味が変わってくるということです。 日本の水道水(上水道によって各家庭に提供されている水をいいます)はほとんどが軟水ですから、和食を作るのであれば、水道水、または、軟水を使うと間違いがないのです。 ただ、硬水を使った方が料理の出来が良くなる場合もあります。 例えば、アク抜きや肉の下茹でなどには向いていると思いますし、パスタも硬水で茹でた方がおいしくなります。 それに、鍋料理やウイスキーの水割りなんかも、硬度が少し高めの水の方が向いていますので、比べてみるのもいいですねー